Blog&column
ブログ・コラム

写真が苦手な子供はどうやって撮れば良い?

query_builder 2021/09/01
コラム
29
家族の思い出写真に残す時、最も欠かすことができない存在が「お子さん」です。
しかし写真を嫌うお子さんも多く、なかなか写真におさまってくれないことに悩む親御さんもいることでしょう。
そこで今回は、写真が苦手なお子さんを上手に撮影する方法を解説します。
できることから少しずつやってみてください。

▼子供が写真嫌いな理由
お子さんが写真を苦手だと思うのには、以下のような理由があると言われています。

写真は面倒
・遊びを中断されるのが嫌
写真に写るのを強要されるのがストレス

子供は、自分の行動を優先できないことに対してストレスを感じます。
せっかく楽しく遊んでいるのにカメラへの視線を強要されると、お子さんは遊びを邪魔されたと感じてしまうでしょう。
こうした経験が積み重なり、写真を苦手だと思い込んでしまうようです。

■自然に写ってもらおう
大抵のお子さんは、写真に写るのが苦手なのではなく行動を制限されることを嫌がっています。
つまり、行動の制限をせず自然に撮影することができれば、お子さんが写真に写ってくれる可能性は高いでしょう。
親御さんも一緒に遊びながら撮ったり、視線を要求しない撮影の仕方をすれば、お子さんの写真への苦手意識も徐々になくなっていきます。
もしどうしても親御さんの撮影を嫌がる場合は、プロのカメラマンによる日常風景の撮影を試してみてください。
Tsumugraphyでも、各種イベントだけでなく普段の写真撮影を出張で行わせていただいています。
プロの撮り方を一通り見ていただけば、どうすればお子さんが自然に写真に写ってくれるかがわかると思いますよ。

▼まとめ
自分の姿が写真に残れば良い思い出になりますから、お子さんとしても嬉しいはずです。
ぜひ苦手意識を与えないよう、自然な環境でリラックスした写真撮影を心がけてみてくださいね。

NEW

  • なぜ遊びながら、撮影するのか?

    query_builder 2021/05/07
  • 自然体の撮影を大切にする理由

    query_builder 2021/04/25
  • 入学記念の撮影について

    query_builder 2021/04/16
  • 出張撮影も可能!ブライダルフォトとは?

    query_builder 2021/11/15

CATEGORY

ARCHIVE