Blog&column
ブログ・コラム

お宮参りで必要なのし袋の準備はどうすればいい?

query_builder 2021/04/17
コラム
4
お宮参りをするにあたっては、のし袋を準備しなければなりません。
今回は、お宮参りののし袋について見ていきましょう。

お宮参りののし袋の準備
お宮参りをする際は、初穂料を納めるためののし袋を準備しましょう。

■のし袋の種類
のし袋の選び方に困ったら、後ろに記されている簡単な説明を確認してみましょう。
初めから使用目的が印字されたのし袋が便利ですよ。
また、水引が印刷されたものや、中袋と呼ばれる袋がもとから付いてないタイプもあり、これらは簡易な印象を与えるのし袋と言えるでしょう。

■のし袋の選び方
のし袋を選ぶ際は、いくつか注意点があります。
水引には蝶結びと結び切りの2つがありますが、ほどけても結び直せる蝶結びは、おめでたいことは繰り返されても良いという意味を表しています。
お宮参りは喜ばしいことですので、紅白の蝶結びの水引がかかったのし袋が最適です。

■のし袋の書き方
お宮参りの際、のし袋の表書きは、「御初穂料」もしくは「初穂料」と記します。
そして、水引の下には祈?を受ける赤ちゃん(本人)のフルネームを書きましょう。
さらに、名前の読み間違いを防ぐため、簡単な漢字を使った名前であっても、必ずフリガナを振っておきます。
一度きりのお宮参りの儀式ですので、抜かりなく準備しておくと安心です。

▼まとめ
お宮参りののし袋は、どんなタイプののし袋を選ぶかに始まり、表書きにも注意が必要です。
後悔を残さないためにも、きちんと準備しておきたいところですね。
当スタジオは神戸市を中心に、関西各地へ出張撮影に出向いておりますので、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • なぜ遊びながら、撮影するのか?

    query_builder 2021/05/07
  • 自然体の撮影を大切にする理由

    query_builder 2021/04/25
  • 入学記念の撮影について

    query_builder 2021/04/16
  • 七五三の前撮りをするメリットをご紹介

    query_builder 2021/07/22
  • 女の子の七五三の服装をご紹介

    query_builder 2021/07/15

CATEGORY

ARCHIVE